北海道通販の「ウオス」進風(しんぷう)ブログ

北海道通販のウオスでは水産や飲みやすい青汁を北海道から全国に通販をしている進風(しんぷう)が販売しています
北海道 海産物通販 海産物卸 ズワイガニ通販

北海道通販 ウオス

花咲港

花咲ガニが食べたくて根室の花咲港へ

花咲ガニが食べたくて根室の花咲港へ

カニの中で一番濃厚で旨い花咲ガニ。花咲ガニが好きな方は花咲しか食べないという方も多いのだとか、ちなみに私も花咲ガニファンの一人です。

塩ゆでした花咲も美味しいですが、
味噌汁にしてもいいダシが出て美味しい花咲ガニ!

花咲ガニの名称になっている港を御存じでしょうか?

北海道の最東端の街として根室市があります。水産物の水揚げが盛んな港町となっていて、根室湾側には根室港、根室半島南側には花咲港があります。

花咲港は、日本一の水揚げを記録する年もあるサンマ漁や、サケマス漁、タラ漁などが行われ、根室の地元船以外に、外国からの船の利用も多くなっている港です。
uosu20170001

知名度の低い花咲ガニ!実は旨みの詰まった花咲ガニ

知名度の低い花咲ガニ!実は旨みの詰まった花咲ガニ

カニの中では知名度が低い花咲ガニ!名前を聞いたことある方もいるとは思いますが、まだ食べたことないという話を多く聞きます。

今日は、1キロオーバーの大型花咲ガニを仕入れしてきたのですが、水揚げ量が少ない幻のカニと呼ばれているだけあって毎回仕入に苦戦しています(笑)

花咲ガニの仕入をする時には、前もって声掛けをして大きなモノがあったら即連絡が入るようになっていて、しばらく待ってからのやっとこさ買付してきました。

最近では、小さな花咲ガニの脱皮ガニを使って味噌汁にしているお店もあり、以前より知名度が上がってきたのか?仕入の引き合いが強くなってきたように感じていますが、水揚げ高が少ない花咲ガニは、やはり幻のカニですね。

タラバガニのような身質で、エビのような味がする最高の花咲ガニレポートでした。
uosu20170001

エビのようなコクのある味 花咲ガニ

エビのようなコクのある味 花咲ガニ

hanasakikani201706060001
知る人ぞ知るカニ、花咲ガニは水揚げ量も流通量も限られているカニです。なぜ花咲ガニという名前なのでしょう。それは、生きている活の花咲ガニは、うす茶色で黒っぽい地味な色のカニなのですが、花咲ガニを茹でると花が咲くように色鮮やかな真っ赤な色に変わります。そこから、花咲蟹と呼ばれる由来になったと言われております。

エビのような風味と濃厚な旨みがあり、口に入れた瞬間思わず「茹でるときに塩と昆布でも入れた」っと驚いてしまうほどのカニとは一味違う。エビのようなコクと甘味が詰まった味わいを楽しむことができるのが花咲ガニです。

味噌汁に入れても旨い 花咲ガニ

コクがある濃厚な花咲ガニには、海のミネラルやダシが詰まっています。毎日、味噌汁を飲まれる方であれば花咲ガニの味噌汁を飲んでみてほしい。エビの味噌汁を飲んだことある方ならご理解いただけるかと思いますが、エビから濃厚なエビダシが出て美味しいですよね。エビに味が似ている花咲ガニも同じように花咲ガニの濃厚なダシが味噌汁にしみわたり旨いんです。一度食べたら忘れられない花咲ガニの旨味たっぷり味噌汁おすすめです。

花咲ガニは北海道昆布を食べて育つ

hanasakikani201706060004みなさんが食べている昆布はどこで採れた昆布ですか?ここで豆知識になる話をしたいと思います。日本全国に流通している昆布の90%以上は北海道産の昆布なんです。

ダシに使われる昆布は、日本料理を陰で支えている大切な存在ですよね。昆布が存在しなければ日本料理のあの深い味わいは出ませんし、昆布あっての日本料理です。その料理に大切な北海道の昆布をエサにして花咲ガニは大きく育っているんです。

しかも、北海道の昆布の中でも、高級昆布が採れる昆布の名産地として名高い。羅臼昆布、利尻昆布などが採れるオホーツク海の高級昆布を食べて栄養を蓄えている花咲ガニは北海道の昆布の旨味がたっぷり詰まっていて、エビのようなコクのある味になるのかもしれません。そのほかにも、サンマ、シマエビ、毛ガニが水揚げされる釧路や花咲漁港などにも花咲ガニは水揚げされています。

質の良い北海道の昆布を食べているから、旨い花咲ガニ!食通の間では、花咲ガニが一番旨いカニと言われることもあるそうです。カニ好きな私も、エビのような濃厚な味の花咲ガニが大好きです。

花咲ガニを食べるときに注意

hanasakigani201706060003タラバガニにはトゲトゲがありますよね。花咲ガニにもトゲトゲがあり、花咲ガニのトゲは、タラバガニのトゲより鋭いので剥くときに注意が必要です。

花咲ガニのトゲに注意さえできれば、殻を剥くのは簡単です。

では、花咲ガニの剥き方を簡単に説明します。まずは、花咲ガニを裏返しにして足を付け根から外してください。甲羅を抑えて、足を捻る感じで回せば簡単に外せます。もし外れない場合は、足の付け根に包丁を入れると簡単に外れます。花咲ガニの表側の甲羅は赤くて固いですが、それに対して裏側の白い部分は薄くて外しやすいです。

花咲ガニの足が外れたら、足の裏側からキッチンばさみを入れてチョッキチョキするだけで簡単に剥けます。ポイントは花咲ガニの裏側です。トゲも表側にしかありません。

花咲ガニの甲羅を外しましょう。また裏返しにして、甲羅のお尻の部分と足の付け根を手で分離させてください。パカッと簡単に外せるでしょ。裏にした花咲ガニのお尻部分に三角形のモノがありますよね。ここの中にも、フンドシと呼ばれている食べられる部位がありますので、三角形の部分を引きちぎって中身のゼラチン質の身を取り出してみましょう。フンドシは触感や味が花咲ガニの身とは違いますので、好き嫌いがあるかと思いますので、ご自身でご判断ください。

ここで、カニを食べたーと捨ててしまう方が多い!カニ好きの私からしたら、もったいない。もったいないですよ。身が詰まっている花咲ガニの足の付け根の身を食べてくださいね。

花咲ガニの足の付け根の身が一番簡単に外せます。足の付け根がついている部分の付け根部分にハサミを差し込んでチョッキンとしてください。それだけで、付け根に詰まっている身を指で簡単に取れるでしょ。すべての足の付け根に詰まっている身を全部出したら、花咲ガニ一肩分くらいになり、結構な量の身があるんですよ。

花咲ガニ 通販

エビのようなコクのある味の花咲ガニを通販でお取り寄せして美味しく食べてください。
uosu20170001

花咲ガニ 濃厚な甘みが旨い花咲ガニ

花咲ガニ 濃厚な甘みが旨い花咲ガニ

hanasakikani201706060005たまにカニを食べようと思ったときに、花咲ガニの存在を忘れていませんか?多くの方はタラバガニやズワイガニをお取り寄せしているようですけど、私は三大ガニと言われているタラバガニ、ズワイガニ、毛ガニよりも、私は濃厚なカニの味がする花咲ガニの方が好きです。

花咲ガニの濃厚な味わいは、花咲ガニ特有の味わい。名前が先走って有名な三大ガニよりも、カニの身の味が濃く、ほかのカニより、食べた後の満足感があります。

花咲ガニを食べたことがまだない方は、一度食べてみてください。花咲ガニを食べたその日から、カニのイメージが一変するはずです(笑)

赤い彗星のような花咲ガニ←ちょっとカッコいい言い方してしまいましたね。

花咲ガニの濃厚な味の秘密

hanasakikani201706060002同じカニでも味が違うのはなぜなんでしょう?いままで「おいしい!おいしい」と食べているだけだったのですが、今回花咲ガニの濃厚な旨味の秘密について調べてみました(笑)←今更ですが。

花咲ガニの旨味は花咲ガニが食べているエサによるものなんです。では、花咲ガニは、いつも何を食べているのか?実は、花咲ガニが食べているものは「北海道近海の昆布」を主食として成長しているようなんです。

北海道産の昆布と言えば日高昆布、利尻昆布、羅臼昆布など昆布の名産地がずらりと並ぶ昆布大国北海道!皆さんのご自宅でいつも使っているあの昆布です。北海道の昆布は有名ですよね。

料理をするときに昆布を何に使っているのかを考えてみてください。そうです。そうです。日本食の元となっているダシに使いますよね。昆布はダシが詰まっている食材!その昆布を主食としている花咲ガニは身に昆布ダシがしみ込んでいるから濃厚な味わいがするんです。言葉では上手く説明できませんが、今まで花咲ガニを食べたことない方には一度食べていただきたい。
uosu20170001