秋鮭の水揚げと共に海の宝石箱「いくら」の季節

北海道の秋という季節は紅葉と、産卵のため川に戻ってくる鮭、そうです。待ちに待った秋鮭+いくらの季節です。

現在では、鮭は一年中食べられるポピュラーな魚となっていて、白鮭(秋鮭)、紅鮭、銀鮭、アトランティックサーモン、トラウトサーモンなど、鮭と言っても様々な種類が存在しています。

そのなかで、秋鮭だけしか楽しめない。
海の宝石箱プッチプチの「いくら」の醤油漬け!

別名、秋鮭と呼ばれている鮭だが、秋鮭は、秋に水揚げされる白鮭のことを指しています。秋鮭は、2年〜8年間海を回遊してから、秋に産卵のために故郷の川に戻る鮭のことで、脂が少なくオスには白子、メスは筋子を持っているのが特徴の鮭です。おもに鮭の身は塩漬けの新巻鮭に加工して、卵は醤油漬けのいくらに加工していきます。秋鮭の特徴として身に脂が少なく、油分を使う料理に活用されることが多く、バターを使用したムニエルやホイル焼き、フライ料理など油を加える調理に最適な魚となっています。

北海道では、今年も秋鮭の水揚げがスタートしました。
今年の秋鮭と「いくら」の美味しいところを仕入していきますので、お楽しみに
uosu20170001