北海道通販の「ウオス」進風(しんぷう)ブログ

北海道通販のウオスでは水産や飲みやすい青汁を北海道から全国に通販をしている進風(しんぷう)が販売しています
北海道 海産物通販 海産物卸 ズワイガニ通販

北海道通販 ウオス

北海道産

毛ガニの身もミソもタップリ詰まってる毛ガニは脱皮前の堅(かた)ガニ

毛ガニの身もミソもタップリ詰まってる毛ガニは脱皮前の堅(かた)ガニ

毛ガニには、一番おいしい時があります。それは脱皮前の毛ガニの甲羅が固い堅(かた)ガニの時です。堅(かた)ガニは、脱皮に栄養を摂られていない為、毛ガニの身がしっかり詰まっている毛ガニです。

同じ毛ガニにも、若ガニ、水ガニと呼ばれる種類があり、毛ガニは脱皮を繰り返す蟹なのですが、堅ガニは脱皮前に身やミソがパンパンに詰まった状態で、旨みも最高の状態となっていて、とても味わい深いのが脱皮前の堅(かた)ガニの時となっています。

脱皮した後の状態が、若ガニです。脱皮するときに栄養を使ってしまう為、脱皮後の毛ガニは身の詰まりも落ち、うっかり若ガニをつかんでしまうと「毛ガニって美味しくないね」となってしまいます。

毛ガニの旬の時期

北海道の主な毛ガニの猟場は道北から道東にかけての「宗谷・オホーツク」、日高沖の「太平洋」、そして道南の「噴火湾」だ。これらの猟場の旬はそれぞれ異なっていることに注意したい。

「宗谷・オホーツク」は、流氷が無くなる4月下旬頃に旬をむかえ、「太平洋」は冬場、「噴火湾」は初夏から夏にかけて、それぞれ旬をむかえます。毛ガニを購入したり食べたりするときには、目利きのいる水産会社に頼むのはもちろんですが、時期によって違ってくる産地を確認することをお忘れなく。
uosu20170001

毛ガニお取り寄せの人気の秘密!旨味の強い毛ガニを厳選して仕入

毛ガニお取り寄せの人気の秘密!旨味の強い毛ガニを厳選して仕入

店頭販売や通販などで、よく聞く話として(笑)毛ガニ仕入の目利きが厳選して仕入!

この話の流れでこういうのもなんですが、ウオスでも、目利きが厳選して仕入を行っていますが、目利きの仕入だけでは心配なので、仕入をする際に中を割って毛ガニの味を確かめてから仕入を行っております。

味見をするのが確実!
これが一番確実安心なんです。

私どもの扱っている毛ガニは旨味たっぷり、甘味が強い毛ガニだけを厳選して仕入しております。それは、仕入をする際に味見をしているから自信があります。食べてから判断していますので、いまいちな時には、ハッキリ断るので、ちょいちょい流通業者さんにせっかく仕入れたのに買わないの?と怒られますが、旨くないものは仕入しない!

美味しい水産品を流通させるのが目的!
私たちのルールです。
uosu20170001

開いて一夜干しにしてるホッケしか見たことない方のために

開いて一夜干しにしてるホッケしか見たことない方のために

北海道から一歩外に出ると、ホッケは一夜干しにして開いているモノしか見たことない方が多いようです。

ホッケは、日本海、オホーツク海で大漁に水揚げされてる魚です。その昔、戦後食糧難のとき配給されていた魚のようです。北海道内では鮮魚として流通していて、煮魚にすると美味しく食べられると人気がありますが、生のホッケは鮮度が落ちやすいため、北海道外では生の流通はあまり無く、干物(開き干し)として流通している魚です。

ホッケの開き

ホッケの開きは、昔はローカル的な食べ物だったようです。一昔前は、国産のホッケの干ものは庶民的なものであったが、現在では国産ホッケを使ったものは高価なモノとなっています。近縁種にシマホッケという縞模様が入っている種類のホッケもいるが、こちらはロシアなどから大量に輸入されていて、ホッケ同様に食べられてはいるが、国産ホッケの干物が高くなっている現在では、スーパーでは、こちらのシマホッケが主役になっているようです。

鮮魚のホッケは刺身でも食べられ、クセの無いさっぱりとした味わいが人気となっています。
uosu20170001

松前漬け 20種類以上の松前漬けを食べ比べて一番美味しい松前漬けを選びました

松前漬け 20種類以上の松前漬けを食べ比べて一番美味しい松前漬けを選びました

初めに話しておいたほうがいいかな?

もともと私は松前漬けを好きでも嫌いでもなく、道南生まれの塩っ辛い数の子の漬物だなーと思っていて、目の前にあれば食べるけど、自分で買って食べるというほどの食材ではありませんでした。

北海道の水産業をやっていく中で
人気が高く問い合わせの多い松前漬け

松前藩生まれの松前漬けですが、数十種類の松前漬けメーカーが道南地域にあり、風味も味も様々!

醤油ベースの松前漬け、塩づくりの松前漬け、クズクズバラバラの数の子を使っている松前漬けから、しっかりしてる数の子を使っている松前漬けまで、松前漬けと一括りにできる食べ物では無いほど、千差万別な松前の漬物です。

旨い!松前漬け

数十種類の松前漬けを食べ比べて、一番おいしい松前漬けを販売してます!これ売ってください。使ってくださいと複数の業者さんの松前漬けを検討ししましたが、食に限らずだとは思いますが、食べ物を買って満足するポイントはやっぱり味です。

仕入価格だけで考えれば、安い松前漬けも
たくさんありますが、美味しい食べ物はまた食べたくなるものです。

今では松前漬けが大好物の私ですが、20種類以上の松前漬けを食べ比べて、一番美味しいと選んだ数の子がしっかり入った最高の松前漬けを味わってみてください。
uosu20170001

北海道産いくらの醤油漬 いくら漁師/いくら加工場と交渉中

北海道産いくらの醤油漬 いくら漁師/いくら加工場と交渉中

鮭の本場北海道では、毎年秋になると秋鮭が卵を抱えて川に帰ってきます。春から初夏にかけて水揚げされる鮭は卵の無い時知らず(ときしらず)という脂身がしっかり身に行き届いている鮭。時知らず(ときしらず)は身がとても柔らかくオレンジ色をしたきれいな身を楽しむ鮭ですが、海の宝石箱と呼ばれている鮭の卵の醤油漬けを食べたい方は、毎年、鮭が卵を抱えて帰ってくる秋鮭を心待ちにしています。

秋になってから、鮭の醤油漬けは無いですか?と漁師や加工屋を訪れても、もう今年の分はないよ!と言われるだけ。人気のいくらを手に入れるためには、水揚げされる前から漁師や加工屋を巡り、仕入の交渉を始めるのです。

いくら醤油漬けの仕入

時知らず(ときしらず)の仕入や、水ダコ、タラバガニ、ズワイガニ、毛ガニ、花咲ガニ、ホタテ、ホッキなど、漁師や加工場の方々と打ち合わせしている2017年も、もう6月なんですね。

やばいよ。やばいよ。
いくらの時期が近い!

ということで、いくら漁師/いくら加工場の方々と今年も打ち合わせを開始いたしました。良い型の鮭が戻ってくることを期待したいです。やっぱり北海道産のいくら醤油漬けが旨いですからね。
uosu20170001