北海道通販の「ウオス」進風(しんぷう)ブログ

北海道通販のウオスでは水産や飲みやすい青汁を北海道から全国に通販をしている進風(しんぷう)が販売しています
北海道 海産物通販 海産物卸 ズワイガニ通販

北海道通販 ウオス

ホタテ

北海道の噴火湾のホタテ養殖

北海道の噴火湾のホタテ養殖

ホタテが年々高くなってますよね。このままお値段の高騰が続くと、食卓からホタテが無くなってしまうかもしれません。ホタテの価格高騰は、食卓をさみしくしてしまいそうですね。

hotate201706090001hotateホタテの水揚げの大部分を支えているのは、北海道のホタテ養殖なんです。ホタテの養殖方法は、地域により育て方が違うのですが、今回は安定した水揚げがある北海道の噴火湾のホタテ養殖についてお話ししていきます。

全国の方がご覧になるかと思いますので、噴火湾といってもピンとこないかと思いますので、噴火湾について簡単に説明していきます。

噴火湾は、北海道と青森県の間の札幌から下に行ったところにある港町、苫小牧〜八雲町あたりまでの北海道の南側にある陸に囲われた内浦湾のことを噴火湾と言います。噴火湾は、北海道の陸に囲われていることと、津軽海峡を隔てて青森県があることで、日本海、オホーツク海、太平洋などの外海に直接面していないこともあり、比較的、高波が無く一年中穏やかな波で、漁がしやすい地域だと言われていて、ホタテ養殖に適しています。

噴火湾のホタテ養殖は耳吊り

hotate201706090002hotate養殖と聞いて、多くの方は水槽や生簀の中でホタテを育てているのかな?養殖もののホタテより、天然もののホタテの方が美味しいんじゃないの?とお考えの方もいるんじゃないかと思いますが、ホタテの養殖は自然の海の中で行い、天然ものと同じなんです。

耳吊り式の養殖は、ホタテ貝に小さな穴をあけてロープに括り付け、海底から垂直に数百枚を宙吊りにして行う養殖方法のことをいいます。耳吊り式の養殖技術は、北海道の南側の噴火湾で行われていて、天然のホタテに比べると、自由に泳ぎ回らないためホタテの貝殻は若干汚くなってしまうのですが、海底で自然に育っている天然物のホタテに比べると、貝に砂が入っていません。天然物のホタテは、海底で生息していることもあり、砂を食べたりしている場合が多く、貝の中に砂を含んでいるものが多く、食べる前に砂出しという作業をしなければいけませんが、耳吊り式で育てられたホタテは砂出しをしないでそのまま食べる事ができるメリットがあります。

3年貝という言葉聞いたことありませんか?3年貝とはホタテを3年間育てた3歳のホタテという意味で言われています。噴火湾の耳吊りホタテは、平均的に3年間大切に育てられてから出荷されています。ホタテ貝殻も貝柱も大きく育ち、食べごろの時期なのがちょうど3年なんです。

噴火湾の市町村

森町 もりまち
もりまちの名の由来はアイヌ語の「オニウシ」樹木の多くある所という意味です。 北海道内の町で、もりまちだけ「ちょう」ではなく「まち」と呼ぶ自治体です。

八雲町 やくもちょう
やくもちょうは、函館市と室蘭市の中間にあり、日本国内で唯一の日本海と太平洋に面している町で、その地域性を活かして漁が盛んに行われています。

長万部町 おしゃまんべちょう
豊浦町 とようらちょう
噴火湾に面している町で、北海道の中では比較的、温暖な気候なのですが、冬は積雪量が多く、山に囲まれていることから特別豪雪地帯となっている地域です。

伊達市 だてし
宮城県の仙台藩の分家である伊達家が集団移住をしてきたことが名前の由来とされていて、北海道の地名の多くはアイヌ語が語源になっていることが多い中でめずらしい。

室蘭市 むろらんし
鉄の町として発展してきた室蘭市。日本製鉄所、栗林商船の創業地として有名で、新日鉄などを含め大型の鉄の工場が立ち並んでいる工業地帯となっています。
uosu20170001

活ホタテの刺身 ホタテを通販でお取り寄せ

活ホタテの刺身 ホタテを通販でお取り寄せ

北海道で水揚げされたホタテを貝付きのままお取り寄せしたくないですか?スーパーで販売されているボイルホタテや、ホタテの貝柱だけを冷凍にした玉冷ホタテも美味しいですが、新鮮な生きている貝付きホタテには敵いません。

美味しいからと言っても、北海道に来ていただいて港で食べるわけにはいきません。近年宅配業者の進歩により、生きたホタテ貝を新鮮なまま配達できる航空便やクール便が大変便利になりました。

北海道のホタテを通販でお取り寄せ

hotate201706090003hotateホタテを貝から外して、すぐ食べたことありますか?初めて食べると、びっくりすること間違いなし!冷凍モノのホタテと違って身がプルップルで歯ごたえが数段違いますよ。北海道のホタテは3年以上海の中で育てられているものがほとんどですので、基本的に身が厚く、旨味も甘味も詰まっているんです。

時期により美味しいホタテが水揚げされる海域が違います。水揚げされるから販売するというのは、水産会社ではありません。身の締って美味しい時期のホタテだけを通販でお取り寄せしましょう。

貝付きの活ホタテを捌くと、ビクッビック!とホタテが踊ります。
はじめはビックリするかも(笑)それはホタテが生きている新鮮な証拠です。

ホタテ

ホタテを食べるとき、貝柱しか食べれないと思っている方も多いようですが、ホタテの貝柱以外に、ホタテの周りにあるホタテのヒモはコリコリしていて磯野香りがしますし、ホタテの精巣もプルンとしていて深い味わいがして、とても美味しく食べれるんです。しかし、食べれるのは新鮮なホタテだけ!ホタテは足が速く傷みやすい貝ですので、食べるのは生きている活ホタテだけにしてください。
uosu20170001

ホタテ水揚げ日本一の北海道

ホタテ水揚げ日本一の北海道

ホタテの水揚げ、そのほとんどは北海道なんですよ。水揚げの割合で話すと天然ホタテの90%以上、養殖ホタテの60%が北海道で水揚げされているんです。まさにホタテ王国北海道なんです。

hotate201706090004hotateホタテを育てる際にホタテの子供(稚貝)をつくるんですが、ホタテの稚貝を多く育てているのは主に日本海側の海で作られていて、ある程度の大きさになるまで育ててから、ホタテの養殖が盛んなオホーツク海や噴火湾に運んで養殖ホタテが作られているんです。

北海道でホタテ漁が盛んな理由として、ホタテは冷たい海水で身が締まる性質があることと、波が穏やかで自然が豊かな噴火湾や、流氷に含まれる大量のミネラルで育てられるオホーツク海のホタテには、旨味がギュギュっと凝縮して育つ環境が合わさってホタテ漁に適しているのです。

栄養満点!
しかも旨い北海道ホタテ

北海道の美味しいホタテ

現在では、ホタテの養殖業が確立し、毎年安定的に水揚げされるようになりました。養殖と聞くとみなさんはどう感じているのでしょう?まさか、テレビをつくるような巨大工場で機械的に育てられていると感じていますでしょうか?

食べていただければわかりますが、養殖ホタテと天然ホタテを食べ比べても、その違いは判らないはずです。それは、ホタテの養殖は天然ホタテが育つ環境と同じ海の中で育てられているため、味も見た目も立派に育ってくれるからです。

外敵に狙われないように籠に入れて海の中に沈める垂下式の養殖方法と、ホタテ貝に穴をあけて紐でつなぎ海底につかないように育てる耳釣り式の養殖方法、ホタテの稚貝を海にばらまいて自然に育てる地撒き式と、北海道でも地域によりホタテの養殖方法が異なりますが、自然の海の中で育てるという点では同じとなっています。
uosu20170001