北海道通販の「ウオス」進風(しんぷう)ブログ

北海道通販のウオスでは水産や飲みやすい青汁を北海道から全国に通販をしている進風(しんぷう)が販売しています
北海道 海産物通販 海産物卸 ズワイガニ通販

北海道通販 ウオス

登別温泉

大正地獄 登別温泉の観光名所

大正地獄 登別温泉の観光名所

201607200001taisyojigoku-12
大正時代に起こった小爆発でできた、周囲約10mの湯沼です。
坂道の途中、道路沿いにある大正地獄の看板があり
歩いて坂を下っていくと、大正地獄がありました。
山の中にある小さな池から湯気がモンモンと
湯量が周期的に増減を繰り返す間欠泉で、最近では、湯泥が突発的に噴出していることがあります。
私が大正地獄に行った時には、
ビックリすることにドンドーンと噴火していて!
また、湯の色が灰色、緑色、青色、黄色など七色に変わることでも知られています。
名称:大正地獄
住所: 登別市登別温泉町無番地
料金: 無料

大正時代の小爆発が生んだ地球の神秘 大正地獄

taisyojigoku2016072000038008

温泉地として有名な登別。「鬼の棲む地獄」と呼ばれ、人気の観光スポットである地獄谷では噴き出す火山ガスや熱湯が煮えたぎる様子を見学できる。地獄谷にある大きな湧出口や噴気孔にはそれぞれに「○○地獄」と名前が付いており、全部で15の地獄がある。その中で特に有名なのが、湯の色が7色に変わるという不思議な間欠泉「大正地獄」である。

大正地獄は、大正時代に起きた小爆発によってできた周囲約10メートルの小さな間欠泉である。平成19年(2007)5月に活動して熱水が2〜3メートルの高さまで噴出し、ニュースとなった。湯量が不規則なため、時には枯れてしまうこともある。

大正地獄は最初は透明、次に青色へと変わり、白色、ピンク色、灰色、黒色へと順に変化する。透明から白色への変化は、湯の中に溶けている物質の結晶が大きく育つ過程での変化であり、黒く変化するのは湯に含まれている硫黄の成分が鉄と化合し黒い酸化鉄に変わっていくからではないかと考えられているが、未だにはっきりと原因は分かっていない。7色のうち黒い湯はめったに見ることができないので、見られた人はかなり運が良いと思っていいだろう。

地獄谷からは徒歩20分ほどのところに位置しており、道路沿いに看板がある。そこから遊歩道があり数分歩くとすぐに大正地獄に到着する。登別に訪れた際には少し足を伸ばし、この不思議な自然現象を体感してみてはいかがだろうか。

【住所】北海道登別市登別温泉町
【交通】地獄谷から徒歩20分ほど
【駐車場】大湯沼駐車場(有料※冬季閉鎖)/地獄谷駐車場(有料)
【料金】無料

大正地獄の魅力は七色に変化する沼

taisyojigoku201607200002211
登別温泉の観光の楽しみの一つは大正地獄という間欠泉で七色に変わる大正地獄は大人気!

訪れたときには、どの色の大正地獄を目にすることができるのか楽しみ!また、定期的に吹き上げる間欠泉を見ることができるかもしれませんよ。吹き上げるのを初め見たらビックリするかも
散策路からもモクモクと吹き上がる湯煙を確認することができます!

大正地獄の表面のポツポツ模様は、けっして雨降りのせいじゃないですよ〜! フツフツと吹き上がっている様子はまさに地球そのものが呼吸している感じ! 地球も生きてるんだな〜って改めて思います。

大湯沼 登別温泉の観光名所

大湯沼 登別温泉の観光名所

日和山が噴火したときの爆裂火口跡で、周囲約1kmのひょうたん型の沼です。
近寄ったら熱気がムンムン
登別温泉の素です。
沼の周りの山も、木が生えてません。
見た目は、まさに地獄!
沼底では、約130℃の硫黄泉が激しく噴出していて、表面の温度でも約40℃〜50℃で灰黒色をしています。昔は底に堆積する「硫黄」を火薬の原料として採取していました。
oyunuma201607190002_4_lb
名称:大湯沼
住所: 登別市登別温泉町無番地
料金: 無料
駐車場: 有(大湯沼駐車場 冬季閉鎖)
硫黄の匂いが充満していて
温泉にいるんだなーと実感できる場所です

大湯沼 登別温泉

oyunuma201607190003496
登別の温泉街から山を一つ越えたところにあり
駐車場も完備されていますので、車でも行けます。

全室展望温泉付のスイートルーム 望楼 NOGUCHI 登別温泉

全室展望温泉付のスイートルーム 望楼 NOGUCHI 登別温泉

201607120006img1
お二人だけで過ごすことを楽しめるよう全室に客室展望風呂、お二人で利用できる貸切岩盤浴等をご用意し日常を離れ柔らかに進む時間を演出します。
201607120006500_34394620

望楼 NOGUCHI 登別温泉

白い室内と窓の緑が鮮やかなロビー
設計した中山眞琴一級建築士は「住み心地がよく、暮らしやすい」宿をめざしたという。そのなかで過ごす対象は大人の男女2人。おしゃれで、高級感があって、くつろげる空間はそうして生まれた。その象徴がぐっと照度を落とした玄関アプローチであり、逆にハイキーなイメージのロビーである。玄関アプローチには彫刻家・五十嵐威暢氏作の「白いオブジェ・KOMOREBI」が輝き、これから滞在する館内の楽しさを予感させる。

大きな窓から庭の緑が見えて気持ちいい
お湯の面に庭の緑を映し、静かな森の中の池を思わせる大浴場。ゆっくりと身を沈めると、気持ちが芯から落ち着いてくるのがわかる。露天風呂もゆったりとしていて、客室数40という宿には充分な広さだ。石灯籠の置かれた眼前の和風庭園は適度な野趣がある。サウナ、水風呂のほか、洗い場にはバリアフリーに配慮した椅子と洗面台もある。内湯、露天風呂とも源泉掛け流し(高温時に加水あり)で、男女入れ替えなしだ。

強肴として出された白老牛のソテー
たとえば松前産のマグロ、虎杖浜産の毛ガニ、苫小牧産ホッキ貝といった具合に、北海道産の食材が約8割を占めるという料理内容。ご飯は北海道産の米を一人ひとりに釜で炊き、北海道産小麦で自家製パンも焼く。食事時には北海道の地図を見ながら産地や食材の説明をするので、宿泊客との話も広がる。料理にストーリーを求め、起承転結を持たせるのが木村準料理長の考えだ。夕食は食前酒から留椀、水菓子まで13段階ほどの料理が続く。

[biglobe温泉から抜粋]

施設名:望楼 NOGUCHI 登別温泉
住所:北海道登別市登別温泉町200-1
電話:0143-84-3939

登別温泉まほろば 日本最大級露天風呂と31のお風呂

登別温泉まほろば 日本最大級露天風呂と31のお風呂

201607120001_ro1
タラバガニ、ズワイガニ、毛ガニが食べ放題の三大ガニ食べ放題プランが人気のまほろばでは、カニが食べれると連日多くのお客様で賑わっています。

カニの値段が高騰しているというニュースがあっても、三大ガニ食べ放題プランは継続されているというから太っ腹に感謝です。

4種類の泉質の天然温泉 まほろば

201607120002
酸性鉄泉
ハリと潤いを保つ「美肌の湯」として、特に女性に人気!

単純硫黄泉
鉄成分が多く含まれ、貧血や婦人病などに良いといわれてる。

食塩泉
保湿効果が高く、手足の冷えの改善などに効果を実感できる。

硫黄泉
「美人の湯」として知られる、なめらかな乳白色のにごり湯。

広々の温泉にゆったり浸かって、日常の疲れを癒せる温泉宿です!
温泉リゾートの名に相応しく効能豊かな4泉質が31もの浴槽で多彩な湯心地を楽しめます。屋内風呂も風情たっぷり。山間の豊かな緑に抱かれるように建つホテルまほろばで名湯登別温泉をお楽しみください。

施設名:登別温泉 まほろば
住所:登別市登別温泉町65番地
アクセス:JR登別駅より登別温泉行バスで約15分と徒歩約3分。道央自動車道登別東ICより車で約10分。

北海道を代表する温泉「登別温泉」第一滝本館

北海道を代表する温泉「登別温泉」第一滝本館

北海道の登別市〜室蘭市〜伊達市方面へ旅行をする時には、登別温泉がゆったりできます。


201511230003580_bath北海道は温泉が多いのですが、その中にあっても泉質が豊富にあり、最大規模の湯壺は「登別温泉」第一滝本館です。


観光客で人気の温泉施設だけに、いつもたくさんの人がいますが、多くの宿泊客がいる以上にお風呂が広いから全く気にならず、ゆっくりとくつろげます。


登別温泉は、安政5年に開湯したといわれ!


札幌や函館からの足回りもよく、知名度・内容ともに北海道でダントツと言ってもいいでしょう。


北海道一泉質が豊富な温泉で、独特の匂いの硫黄泉と硫化水素泉は皮膚の軟化と漂白作用が期待できるというから美白に最適です。


鉄泉・緑ばん泉は疲労回復効果が絶大です。


201511230001IMG_1851第一滝本館は【敷地1500坪・圧巻の大浴場】男女合わせて35の浴槽に溢れる7種の源泉をひいています。


滝本に居ながらにして湯めぐりが楽しめる温泉天国!


季節の移ろいを感じながら「露天風呂で一杯」もできちゃいます。


宿泊の楽しみのお食事にも滝本のこだわりがあります。


季節を感じさせてくれる時期の食材を贅沢に使っているだけではなく、


北海道ならではのカニが食べられます。


201511230002IMG_1831北海道一の温泉「登別温泉」第一滝本館


贅沢な旬の食材を使ったお食事を是非味わってみてください。


いろいろと温泉めぐりをしましたが、滝本の温泉は何度行っても、また行ってみたいと思える温泉です。

登別 第一滝本館


住所:北海道登別市登別温泉町55番地

第一滝本館代表外線:0143-84-2111