北海道通販の「ウオス」進風(しんぷう)ブログ

北海道通販のウオスでは水産や飲みやすい青汁を北海道から全国に通販をしている進風(しんぷう)が販売しています
北海道 海産物通販 海産物卸 ズワイガニ通販

北海道通販 ウオス

水産通販

刺身やお寿司のネタに使われる鮭のサーモン

刺身やお寿司のネタに使われる鮭のサーモン

生で食べられることの多い鮭はサーモンですが、日本での名称は銀鮭と呼ばれています。この銀鮭は日本近海では水揚げされない鮭なのですが、鳥取県や宮城県などで養殖されています。

とても脂がのっている鮭で、回転寿司や海鮮居酒屋などでは、トロサーモンという名称で提供されていることが多いようで、アトランティックサーモンはノルウェー産、トラウトサーモンはチリ産の物が流通しています。

近年では日本食ブームの影響もあり、
世界中で引き合いの強い鮭として価格が上がっている現状です。
uosu20170001

ロシアやアラスカからやってくる紅鮭

ロシアやアラスカからやってくる紅鮭

紅鮭は北太平洋に生息し、日本ではほとんどとれない鮭で、ロシアやアラスカなどからの輸入のものがほとんどです。

紅鮭は産卵期になると、身が真っ赤になることから紅鮭と呼ばれるようになり、適度に脂がのっている鮭で、スモークサーモン、ルイベなどに加工したりもしますが、紅鮭を定番となりますが焼鮭にしても美味しく食べられます。
uosu20170001

秋鮭の水揚げと共に海の宝石箱「いくら」の季節

秋鮭の水揚げと共に海の宝石箱「いくら」の季節

北海道の秋という季節は紅葉と、産卵のため川に戻ってくる鮭、そうです。待ちに待った秋鮭+いくらの季節です。

現在では、鮭は一年中食べられるポピュラーな魚となっていて、白鮭(秋鮭)、紅鮭、銀鮭、アトランティックサーモン、トラウトサーモンなど、鮭と言っても様々な種類が存在しています。

そのなかで、秋鮭だけしか楽しめない。
海の宝石箱プッチプチの「いくら」の醤油漬け!

別名、秋鮭と呼ばれている鮭だが、秋鮭は、秋に水揚げされる白鮭のことを指しています。秋鮭は、2年〜8年間海を回遊してから、秋に産卵のために故郷の川に戻る鮭のことで、脂が少なくオスには白子、メスは筋子を持っているのが特徴の鮭です。おもに鮭の身は塩漬けの新巻鮭に加工して、卵は醤油漬けのいくらに加工していきます。秋鮭の特徴として身に脂が少なく、油分を使う料理に活用されることが多く、バターを使用したムニエルやホイル焼き、フライ料理など油を加える調理に最適な魚となっています。

北海道では、今年も秋鮭の水揚げがスタートしました。
今年の秋鮭と「いくら」の美味しいところを仕入していきますので、お楽しみに
uosu20170001

花咲ガニが食べたくて根室の花咲港へ

花咲ガニが食べたくて根室の花咲港へ

カニの中で一番濃厚で旨い花咲ガニ。花咲ガニが好きな方は花咲しか食べないという方も多いのだとか、ちなみに私も花咲ガニファンの一人です。

塩ゆでした花咲も美味しいですが、
味噌汁にしてもいいダシが出て美味しい花咲ガニ!

花咲ガニの名称になっている港を御存じでしょうか?

北海道の最東端の街として根室市があります。水産物の水揚げが盛んな港町となっていて、根室湾側には根室港、根室半島南側には花咲港があります。

花咲港は、日本一の水揚げを記録する年もあるサンマ漁や、サケマス漁、タラ漁などが行われ、根室の地元船以外に、外国からの船の利用も多くなっている港です。
uosu20170001

毛ガニの身もミソもタップリ詰まってる毛ガニは脱皮前の堅(かた)ガニ

毛ガニの身もミソもタップリ詰まってる毛ガニは脱皮前の堅(かた)ガニ

毛ガニには、一番おいしい時があります。それは脱皮前の毛ガニの甲羅が固い堅(かた)ガニの時です。堅(かた)ガニは、脱皮に栄養を摂られていない為、毛ガニの身がしっかり詰まっている毛ガニです。

同じ毛ガニにも、若ガニ、水ガニと呼ばれる種類があり、毛ガニは脱皮を繰り返す蟹なのですが、堅ガニは脱皮前に身やミソがパンパンに詰まった状態で、旨みも最高の状態となっていて、とても味わい深いのが脱皮前の堅(かた)ガニの時となっています。

脱皮した後の状態が、若ガニです。脱皮するときに栄養を使ってしまう為、脱皮後の毛ガニは身の詰まりも落ち、うっかり若ガニをつかんでしまうと「毛ガニって美味しくないね」となってしまいます。

毛ガニの旬の時期

北海道の主な毛ガニの猟場は道北から道東にかけての「宗谷・オホーツク」、日高沖の「太平洋」、そして道南の「噴火湾」だ。これらの猟場の旬はそれぞれ異なっていることに注意したい。

「宗谷・オホーツク」は、流氷が無くなる4月下旬頃に旬をむかえ、「太平洋」は冬場、「噴火湾」は初夏から夏にかけて、それぞれ旬をむかえます。毛ガニを購入したり食べたりするときには、目利きのいる水産会社に頼むのはもちろんですが、時期によって違ってくる産地を確認することをお忘れなく。
uosu20170001