進風水産直営「ウオス」進風(しんぷう)ブログ

進風水産直営のウオスでは水産や飲みやすい青汁を北海道から全国に通販をしている進風(しんぷう)が運営しています 北海道 海産物通販 海産物卸 ズワイガニ通販 水産仕入れ ウオス

進風水産直営の通販 ウオス

開いて一夜干しにしてるホッケしか見たことない方のために

開いて一夜干しにしてるホッケしか見たことない方のために

北海道から一歩外に出ると、ホッケは一夜干しにして開いているモノしか見たことない方が多いようです。

ホッケは、日本海、オホーツク海で大漁に水揚げされてる魚です。その昔、戦後食糧難のとき配給されていた魚のようです。北海道内では鮮魚として流通していて、煮魚にすると美味しく食べられると人気がありますが、生のホッケは鮮度が落ちやすいため、北海道外では生の流通はあまり無く、干物(開き干し)として流通している魚です。

ホッケの開き

ホッケの開きは、昔はローカル的な食べ物だったようです。一昔前は、国産のホッケの干ものは庶民的なものであったが、現在では国産ホッケを使ったものは高価なモノとなっています。近縁種にシマホッケという縞模様が入っている種類のホッケもいるが、こちらはロシアなどから大量に輸入されていて、ホッケ同様に食べられてはいるが、国産ホッケの干物が高くなっている現在では、スーパーでは、こちらのシマホッケが主役になっているようです。

鮮魚のホッケは刺身でも食べられ、クセの無いさっぱりとした味わいが人気となっています。
uosu20170001

松前漬け 20種類以上の松前漬けを食べ比べて一番美味しい松前漬けを選びました

松前漬け 20種類以上の松前漬けを食べ比べて一番美味しい松前漬けを選びました

初めに話しておいたほうがいいかな?

もともと私は松前漬けを好きでも嫌いでもなく、道南生まれの塩っ辛い数の子の漬物だなーと思っていて、目の前にあれば食べるけど、自分で買って食べるというほどの食材ではありませんでした。

北海道の水産業をやっていく中で
人気が高く問い合わせの多い松前漬け

松前藩生まれの松前漬けですが、数十種類の松前漬けメーカーが道南地域にあり、風味も味も様々!

醤油ベースの松前漬け、塩づくりの松前漬け、クズクズバラバラの数の子を使っている松前漬けから、しっかりしてる数の子を使っている松前漬けまで、松前漬けと一括りにできる食べ物では無いほど、千差万別な松前の漬物です。

旨い!松前漬け

数十種類の松前漬けを食べ比べて、一番おいしい松前漬けを販売してます!これ売ってください。使ってくださいと複数の業者さんの松前漬けを検討ししましたが、食に限らずだとは思いますが、食べ物を買って満足するポイントはやっぱり味です。

仕入価格だけで考えれば、安い松前漬けも
たくさんありますが、美味しい食べ物はまた食べたくなるものです。

今では松前漬けが大好物の私ですが、20種類以上の松前漬けを食べ比べて、一番美味しいと選んだ数の子がしっかり入った最高の松前漬けを味わってみてください。
uosu20170001

江別温泉「北のたまゆら」札幌から近い日帰り温泉

江別温泉「北のたまゆら」札幌から近い日帰り温泉

今年の夏も暑いですね。地球温暖化の影響なのでしょうか?暑さに弱い北海道民(笑)早く秋にならないかなぁーと思う2017年夏。

夏の時期は温泉から遠ざかってしまいがちなのですが、秋から冬と春にかけて通い続ける札幌から近い日帰り温泉をご紹介したいと思います。

札幌から国道12号線を旭川方向に向かうと20分程度で江別市に入ります。札幌の隣町ですが、白石区、厚別区からだったら手稲区に行くよりだいぶ近い江別市の日帰り温泉。北のたまゆらです。

お湯は北海道の温泉らしく、北海道遺産として有名なモール温泉!

モール温泉のようでお肌がツルツルになります。

モール温泉とは

北海道のモール温泉は、北海道遺産に選定されています。

モールとは、ドイツ語で湿原のこと。北海道十勝支庁(現・十勝総合振興局)管内音更町の十勝川温泉で20世紀初頭に名付けられた。平成前期までは十勝川温泉、及びドイツ連邦共和国のバーデン=バーデンの、世界で2か所しか確認されていなかったが、その後、別地でもモール成分を含んだ温泉が確認され始めた。

温泉法に基づくの療養泉の分類についての泉質とは全く別の概念である。療養泉の分類上では単純温泉や塩化物泉、炭酸水素塩泉などであり、効能などはそれぞれに準じる。

石炭の形成途上であり炭化が進んでいない泥炭や亜炭層から源泉を汲み上げるため、植物起源の有機質を多く含み、肌に触れるとツルツルとした感触があるのが特徴だが、効能としては認められていない。湯色は飴 - コーラ色を呈し、黒湯(褐色湯)のように透明度が極めて低い湯もある。

これらのうちの一部は、源泉が地下10メートル前後と極めて浅い層からでも得られること、湯温も30度前後と低いことなどから、地下に封入された化石水による温泉ではなく、自由水が泥炭中の有機物から生じる熱で暖められているのではないかという説がある。

江別温泉 北のたまゆら

住所:江別市野幌屯田町48-1
電話:011-381-2683
営業時間:10:00〜23:00
【泉質】 ナトリウム−炭酸水素塩・塩化物泉(弱アルカリ性低張性温泉)
【効能】 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、打ち身、くじき、痔疾、冷え性、慢性消化器病、病後回復期、疲労回復、やけど、健康増進、虚弱児童、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず
11月くらいから、5月くらい。そう春になるまでの間は北海道は、とても極寒になります。北海道の冬の温泉は最高です。早く寒くならないかなー雪は除雪が大変だからいらないですけどね。