進風水産直営「ウオス」進風(しんぷう)ブログ

進風水産直営のウオスでは水産や飲みやすい青汁を北海道から全国に通販をしている進風(しんぷう)が運営しています 北海道 海産物通販 海産物卸 ズワイガニ通販 水産仕入れ ウオス

進風水産直営の通販 ウオス

「綺麗ごと」で片づけてはいけない。世の中、上辺の話しが多すぎ

「綺麗ごと」で片づけてはいけない。世の中、上辺の話しが多すぎ

イロイロな方と話をする機会があり、話をしていていつも感じることがあるのですが・・・綺麗ごとというか、上辺の話しがとても多く、上辺の話しがアチコチに飛び交っているように感じてしまいます。

生きていく中で、上辺の話しに振り回されないように注意が必要だと思います。

綺麗ごとを真に受けてはいけないと感じているのは私だけでしょうか?

誰にでも言える事だと思いますが、親には感謝をするものだと思います。自分を生んでくれたのですから当然ですよね。例えばですが、実家にいる両親に祖父母が健在で、両親が生活資金のそのほとんどを、祖父母におんぶに抱っこしているケースで(結構ありますよね。そういうケース)

子供たちが、ある程度勉強ができ、大学をも視野に入れて考えられたとしましょう。両親は、高卒で日雇労働を行っていて、大学を行く意味は分からず。右も左も分からない成績優秀の子供に対して、調べもせず、頭ごなしに「大学なんていかないだろう」と言っているのを、親族が正当化するのに疑問を感じてしまいます。

なぜなら、大学に行かなければ働けないような大企業が存在し、この世の中、高卒で中小企業でしか働けないよりも、大学を卒業して中堅規模の会社や、キャリア組とよばれる大企業の中でも、一際活躍させてもらえる待遇を得るためには、学歴が必要だからです。

私は、デコボコ高校を卒業している立場ですから、何を偉そうに言っているんだ。と言われてしまえば、それまでですが、将来の可能性がある学生時代に、親がその可能性を制御すること自体、子供の教育に問題があるのではないかと思います。

・自分の分身でもある子供がいるのなら、自分の生きてきた過程が正しいのか?
・自分の生活スタイルの人間が幸せなのか、そして正しいのか?
・自分の生活水準は、一般的に見て劣った生活レベルなのか?

そういうことを自問自答した上で、もっと自分より成長してほしいのなら、学業に励んで上の立場を目指させれる立派な親だと思いますし、いつまでも、親を神のように考えなさいみたいな教育をしていると、小さな人間になって、結局のところ苦労してしまう可能性が高いように思います。

大切なのは、物事を客観的に考え、良き方向、良き道への選択の余地を与え、上を目指していけることが重要なのですが、家庭教育の中で、それを制御させてしまい小さな人間になってしまえば、これから、増税や高齢化社会に伴う労働人口の減少などを考えれば、将来的に子供は窮地に追い込まれる可能性が高くなってしまうでしょう。

誰にでも、言える事かと思いますが、親は、たった一人のかけがえのない存在です。その親を、人間的に、仕事的に、収入的に、超えられた時に初めて幸せが訪れるものだと思いますし、大きな人間になったほうが人生面白く生きれ、仕事面でも、様々なチャンスを与えられる人間になっていけるものです。そうなれるか、それとも、ただの末端の作業員として一生を過ごすのでは、人生大きく違うと思いませんか?

確かに様々な仕事があり、どの仕事も大切な役割をしているものです。

だけど、仕事をする中で「指示する側と、指示を受ける側」のふた通りに分けるとした場合、指示をする側になったほうが良いですよね。その指示をする側に、必要な事として、頭の回転のスピードが大切になってきます。その時に、学生時代に勉強を頑張っていたことや、学歴というものが生きてくるのではないでしょうか?

最後に、誰に何を言われようが、どんなことでも構いません。大切なのは、一歩引いて客観的に考え、正しい答えを出して、着実に歩んでいくことが大事かと思います。
【以下ニュース参照】

「綺麗ごと」を真に受けるな! 「キラキラワード」が日本をダメにする

「キラキラネーム」はともかく「キラキラワード」とは

読みづらい名前や、常識的に考えがたい言葉を用いた珍しい名前を「キラキラネーム」と呼ぶそうです。感覚的に「キラキラ」しているような名前が多いからでしょう。リクルーティングスタジオはこのほど「2013年のベスト・オブ・キラキラネーム」を発表しました。2013年の1位は【泡姫(ありえる)】、2位は【黄熊(ぷう)】、3位は【姫星(きてぃ)】とのことです。

キラキラネームはともかくとして、私は現場に入ってコンサルティングしている身です。目標を絶対達成させるために企業の支援に入っています。すると、どうしても気になることがあります。それは世の中にあふれる「綺麗ごと(きれいごと)」のキャッチコピー。小さな労力で大きな成果を手に入れたい、楽してお金儲けしたいという「射幸心」を煽るコピーが多すぎて、人を迷わせます。勘違いさせるのです。私はこれを「キラキラワード」と呼んでいます。キラキラした「綺麗事(きれいごと)」だからです。こういった「キラキラワード」は「キラキラネーム」と同様、昔はなかったのです。

何か目標があり、それを成し遂げたい、達成させたい。安定的に結果を出したいとするなら、膨大な数の実践・試行が必要です。何らかの仮説を立てて、実行し、その行動によってどれぐらいの期待成果(リターン)が戻ってくるかの検証は常に必要です。仮説を立てて実行したら必ずうまくいくということはないからです。

「綺麗ごと」より、「泥臭いこと」

「大数の法則」という言葉をご存知でしょうか。夥しい量の試行を実践することで、経験的確率が理論的確率に近づくことを言います。つまり、少量の試行、短期間の実践で、そのプランが正しいかどうかは決め付けられないということです。個人でも企業でも、ダイエットでも営業改革でもかまいません。誰かの考え、方法論にのっとって新しいことをスタートさせたはいいが、なかなか期待成果が得られない、ということはあります。しかしだからといって、途中でやめてしまうことはナンセンスです。小さなマネジメントサイクルを回しながら改善していきましょう。その歴史が個人や組織を成長させていくのです。ちょっとしたエッセンス、軽やかなメソッドでいきなり驚くような結果など手にできません。たとえ運よくそのような成果を手に入れても、それは「たまたま」のことです。再現性のないことであり、安定的な結果を生み出すことはありません。

世の中のうまくいっている人、組織は、それぞれ過去に歯噛みするほどの試行錯誤した過去・歴史を持っています。膨大な試行・実践の果てに、理論的確率を導き出しています。その結果として、とてもシンプルな方法論に落ち着くのでしょうが、それを一般の人・組織がそのまま真似してもすぐに期待成果が出ることなどありません。ただ、本来かかるはずの試行錯誤の期間を短くしてくれる、もしくはこれまで迷いながらやってきたことを成功者が肯定してくれる、という効果があるだけなのです。

結局、うまくいくためには「綺麗ごと」ではなく「泥臭いこと」が多少でも必要なのです。「がむしゃらさ」「ひたむきさ」というのはいつの時代も欠かせないものなのです。

「キラキラワード」の代表例

それでは、「射幸心」を煽る「キラキラワード」の代表例を書いてみましょう。

● 「無理しないほうがいい」

→ 特定の事情がない限り、無理ができるのなら無理をしたほうがいいときが多いはずです。無理をしないと、結果的に無理がきかなくなります。筋肉と同じで、ドンドン「ストレス耐性」が落ちていきます。

● 「頑張らなくてもうまくいく」

→ 同上。自分のできる範囲、やれる範囲で何事も実践していると成長しません。何事も、頑張らないといけないときがあるのです。

● 「楽しいと思える仕事を見つけろ」

→ 成功者が発する最も多い「キラキラワード」。人が幸福感、充足感を覚えるのは過去との相対評価です。他人との比較ではありません。過去できなかったことができた。昔苦しいと思っていたことが楽になってきた。その相対評価によって自分の成長を実感するのです。そうしてはじめて「楽しい」と感じるのです。「ひたむき」に頑張っていた人が何事も楽しいと思えるわけで、掲げた目標を達成した過去がないのに、楽しいと思える事柄はかなり限定的になってしまいます。

● 「心の底からやりたいと思えることだけやればいい」

→ 同上。そんなはずはありません。「やりたいこと」「やるべきこと」「やれること」の3つを並べたとき、「1.やるべきこと」「2.やれること」「3.やりたいこと」の順序にならないといけません。まず「やるべきこと」を実践し続けることで自分の「やれること」が増えていきます。そうして「やりたいこと」ができるようになるからです。特に若い人、これから社会人になる人はこういう「キラキラワード」に惑わされないようにしてもらいたいです。

● 「1%のことを変えるだけで成功する」

→ ほんの小さなコツだけで成功してしまうというキャッチフレーズ。「ザ・射幸心」と呼んでもいい「キラキラワード」です。現在のポテンシャルが「100」だとして、 毎日たった1%ずつでも成長していけば、1年後にはそのポテンシャルが「3,778」になるという話が多いので、「騙された!」と思う方も多いでしょう。今日の「1%」の成長が、翌日のベースになっていないと、このような複利効果を得ることはできません。しかし人間が新しいことをスタートさせるためには、かなりの回数を重ねないと習慣化(無意識的有能)しません。心がけとしてはいいですが、実際に人間の体、能力において資産形成の理論は当てはまらないものです。

「キラキラワード」はギャンブル街のサイン

繰り返しますが、このような「キラキラワード」が流行する背景には、射幸心を煽ってアクセスを増やしたい。注目を浴びたい。ビジネスを成功させたいという心理があるからです。当然のことながら、私自身が営業・マーケティングのコンサルタントですから、「キラキラワード」を使用する側の心理を熟知しています。

「キラキラワード」だと理解して使うのか、それとも勘違いして真に受けるのかは、個人の問題です。それでも私たち「タイプA」が頑張る理由でも書きましたが、組織全員が「楽して成功したい」「簡単に成功する秘訣がどこかにあるはずだ」と勘違いしたら、組織全体がダメになっていきます。「キラキラワード」があまりに蔓延すると、それこそ日本全体がダメになってしまいます。

射幸心とギャンブルはセット。「キラキラワード」はラスベガスのネオンのようなもの、と覚えておきましょう。ギャンブルはたまにやるから楽しいのでしょうね。

学生は勉強することが仕事

学生は勉強することが仕事

私を含めて、チャランポラン・・・低脳度な大人たち、大人になってから、商法、刑法の法律を覚え、経済ニュースをチェック・・・毎日勉強三昧な生活を過ごしていますが、結構、脳が硬直しているというか、基礎の出来が悪いからなかなか覚えられずに悪戦苦闘の毎日です(笑)

学生のころに、シコタマ勉強しとけば良かった・・・そう思っても、時すでに遅い。

だから、今でも、毎日がお勉強!

今、昔を振り返ってみると、学生時代は、勉強して、偏差値の高い高校を目指して、国立大学に入学して、大手企業や、キャリア組の国家公務員になれれば、生涯、幸せな人生を歩めると思う。

大学といっても、地方のFランクな、デコボコ大学に入ったんじゃぁ〜まったく大学に行っている意味がない。

行くなら、国立!
【以下ニュース参照】

多額ローン、就職先はブラック…Fランク大学卒業生の厳しい現実〜なぜ入学者減らない?

少子化が進む日本で、「大学全入時代」となって久しい。いわゆる「Fランク大学」といわれる大学の中には定員割れのところも多いため、願書を書いて面接を受けるなど型通りの試験を受ければ、晴れて大学生だ。
 
 Fランク大学をめぐっては、「工学部の授業で因数分解を教える」「就職先がブラック企業だらけ」などの“伝説”が多くの人に知られているが、それでもなぜ、高卒で就職するでもなく、専門学校で特定の技術を身につけるのでもなく、Fランク大学に進学する人が後を絶たないのか? そう訝がる声も多い。
 
 ところが、Fランク大学に入学する学生の多くが、大卒の学歴にこだわっているわけではなく、その背景には高校教師の怠慢があるという実態が、取材を進めるうちに見えてきた。

 あるFランク高校生の親は、口々にこう言うのだ。

「先生は就職を勧めず、Fランク大学になら入れると言うんです」

 実は高卒の就職率は95.8%(2013年春卒業者)と、大卒の93.9%(同)より高い。しかし、ブルーカラー系職種が多く、3年で半分が辞めるといわれるくらい離職率が高い。これが「七五三現象(大卒7割、高卒5割、中卒3割が入社3年時点で会社に残る)」といわれる所以である。

 高校教師からしてみれば、卒業生にすぐ会社を辞められれば、間を取り持った自分の面目は丸つぶれだし、高校の信用力も落ちる。すると自分も上から責められるから大層困る。すぐ辞めたOB、OGがちょくちょく相談に来るのも面倒だ。さらに、あらためて就職先の候補を開拓するのもしんどい。

●Fランク大学への就職を勧める高校教師

そこで、Fランク高校の教師によく見受けられる行動が、「Fランク大学への入学を勧めること」だという。

 Fランク大学卒業生の母Aさん(40代後半)が語る。

「昔の先生は、必死で地元企業を回って生徒を売り込んでくれたものだけど、今の先生はそんな面倒臭いことはしない。取りあえずFランク大学にぶち込んで、“問題先送り”にしてしまう人ばかりなんです」

 Aさん家庭は、夫婦で工場に勤務しているが、あまり裕福とはいえない。だから子どもを無理して大学に進学させるのを躊躇したそうだ。Aさんの息子とて、進学希望だったワケではない。地元の北関東の企業に就職し、親や親戚、仲間に囲まれた平穏な暮らしをするのが夢だった。

 「ところが先生は、『大丈夫、奨学金がありますから。今の大学生は奨学金を受けるのが常識です』の一点張り。それで、つい息子を大学に入れちゃいました」(同)

 殺し文句は「今の大学生の半数が奨学金ユーザー。何も心配いらない」だったという。
 
 確かに、私立大学新入生の家計負担調査によると、奨学金を希望する人は全体で66.2%に及ぶ。Aさんも、昔の「日本育英会」のような学費補助があったり、返済に窮したら先延ばししてくれるような手厚い奨学金を、ついイメージしてしまったが、実際は大きく異なっていたという。


「実際は単なる『学生ローン』。金利は1.6%程度と並の住宅ローン以上で、少しでも返済が滞れば、奨学金機構がすぐに裁判所に支払督促の訴訟を起こすんです。すぐさま一括返済せよって……」(同)

 20代のみそらで数百万円の金を一括返済するのは難しく、裁判を起こされると大抵の場合は残元金に10%程度の延滞金を乗せることで決着するのだという。

「ほとんど街金です。実際に奨学金を貸し出す機構は、取り立てのプロである債権回収会社と契約していて、返済が遅れようものなら債権回収会社の人が自宅や職場に押しかけてくると聞きます」(同)

●卒業後の厳しい現実

もちろん、大学卒業後きちんと就職し、返済能力があれば問題ない。だが、例えばAさんの息子は大学卒業後の「IT企業」というふれこみのブラック企業に入ってしまい、わずか8カ月で退職。現在は、ゲームセンターのアルバイト店員をやっているが、「借金200万〜300万円を14年かけて返済する計画ですが、月収15万そこらのあの子に返せるわけがない。どうすればよいのか……」と困惑する様子を見せる。

 また、借金数百万円を抱えたフリーターは結婚も難しい。Aさんの息子も「彼女も同じ大学の同級生でやっぱり奨学金の借金が300万円。仮に2人が結婚したら、借金600万円夫婦の誕生」(Aさん)という状態だという。

 この状況を見かねたAさんは、借金返済のため工場勤務の帰りにスーパーのレジ打ちのパートのかけもちを始めた。

「結局、何も考えず、Fランク大学なんて進学したのが運の尽き。高3の時に必死で就活させるか、コックやIT関係の技術者など“手に職系”の専門学校に行かせるかしておけばよかった」

 Fランク大学への進学を考えている子どもを抱える親御さんは、こうした現実を直視し、改めて卒業後の進路について考え直したほうがよいかもしれない。

売上高10倍 パズドラの大ヒットから学ぶ

売上高10倍 パズドラの大ヒットから学ぶ

今や有名になったスマホゲームのガンホーも、ガラケー時代には、今みたいに有名ではなく、ソフトバンク系のゲーム会社としてしか知られていなかった。

それが、今やソーシャルゲーム系の王者、DENAやグリーが低迷し落ち込む中で、パズドラが大ヒット!ガンホーの売上高は10倍、利益が28倍と、ソーシャルゲームの王者を圧倒する人気のスマホゲーム会社となっている。

ガンホーは、ゲーム専業会社。

DENAもグリーも、ソーシャルメディアを中心にしている会社だが、ガンホーはゲームを主軸を置いている会社だ。だから、ゲームを、どう面白くするかだけを追求して、利用者に支持される最高のゲームが完成したのだと思う。

仕事にも様々な事業や業態があるけど、どんな仕事でも、一つの事を追及していけば、時流から外れていても、どんな苦境の状態でいても、良い方向に改善され、飛躍することが出来るということがガンホーを見ていて学ばされる。大切なのは、一つの事柄を追求し利益を求めていくこと。

一つの大きな軸が出来れば、その軸を最大規模に拡大するもいいし、別にやりたい事業があるなら参入すればいい。とにかく一つの事業を追求していく事が大切な事。
【以下ニュース参照】

パズドラ 大ヒットはゲーム屋の執念から〈AERA〉

スマートフォン向けゲームアプリ「パズル&ドラゴンズ」、略して「パズドラ」。社会現象と言えるほどの人気を博しているこのゲーム、開発したのはガンホー・オンライン・エンターテイメント。ヒットゲーム開発の経緯を探った。

 パズドラを提案したのは、転職してきたプロデューサーの山本大介(35)だ。ハドソンでモバイル端末向けのゲームを開発していた山本は、「尖っているけどシンプル」という理由で当時はまっていた海外のゲームから着想を得て、入社1週間で企画書を書いた。

 それを見た社長の森下一喜(40)には、ユーザーが電車の吊り革につかまり、片手でスマホを操作してゲームを楽しむ姿が浮かんだ。今や通勤電車のそこかしこで見られるようになった、あの姿だ。企画書では横だった画面を縦に変え、下半分にパズルを、上半分にモンスターバトルを表示する仕様を固めた。スマホの特性であるタッチパネルの「触感」にもこだわり、約半年の制作期間中に4回も作り直した。

 リリースは12年2月。同年末にはダウンロードが500万件を超え、米国や韓国など海外でも展開を開始。「スーパーマリオ」や「ドラゴンクエスト」に匹敵する社会現象になった。ただ、周囲のフィーバーをよそに森下は冷静だった。ある時、山本に言った。

「たまたまヒットしてるだけだから。テングにならずに一日一日、運営していこうな」

 パズドラは今も数カ月に一度、改善の手が加えられている。

 ガンホーが10月に発表した1〜9月期決算は売上高が1162億円で前年同期の10倍に、営業利益は685億円で28倍に伸びた。対照的に、ソーシャルゲームの先行者だったグリーとDeNAの業績は下降線をたどる。ガラケー時代までは市場を寡占した両社だが、端末の主役がスマホに移る中、対応が遅れた。

「彼らはそもそもIT企業。ゲームが儲かると思うから参入しているのでしょう。僕らはゲーム屋として誇りを持ってやっている。根本的に違う」