札幌 進風は北海道の食と観光を発信 進風ブログ

進風では自然に恵まれた北海道の食と観光を発信しています また 日々の日記や 社会で起っている注目ニュースも掲載 進風ブログ
進風水産直営 海産物卸 進風SCA

顧客満足度1位 北海道のセイコーマートというコンビニ

顧客満足度1位 北海道のセイコーマートというコンビニ

北海道にお住まいの方なら、いつも行ってる近所のコンビニって感じがするセイコーマート!じつは、このセイコーマートというコンビニは、ほぼ北海道にしかないガラパゴスコンビニなんです。

セコマの合性で親しまれているセイコーマートですが、他のコンビニチェーン店より、プライベートブランドが充実していたり、コンビニでは定価販売が当然のようになっていますが、セコマでは割引価格にして販売されているなど、他のコンビニとは違う魅力があり、北海道では人気があります。

大手が犇めくコンビニ業界ですが、北海道ではセコマはびくともしていない印象があります。どんな商売も、お客様目線の独自路線が大切ってことですね。

北海道内コンビニ店舗数No.1!セイコーマートが「とうもろこし」を売り続ける理由

2016年9月24日 16時10分 ハーバービジネスオンライン

日本人の生活に欠かせないインフラのひとつなっているコンビニだが、ガラパゴス的な進化の好例として、近年注目を集めているのが、セイコーマート(株式会社セコマ、北海道札幌市中央区)だ。

 日本のコンビニエンスストアとしては最古参を誇り、1971年に1号店をオープンして以来その店舗数を増やし続け、道内においてはコンビニの雄と言われるセブンイレブンの店舗数よりも多い。

◆顧客満足度1位を獲得

 JCSI(日本版顧客満足度指数)のコンビニエンスストア部門では、セブンイレブンやローソンなどを抑え、2011年から2014年まで4年連続1位。2015年には2位に陥落したものの、今年2016年には再び1位に輝き、地場企業でありながら全国的にもその知名度は高い。現在、道外では茨城県や埼玉県にも店舗を展開している。

◆プライベートブランドを最初に始めたのもセイコーマートだった

 セイコーマートは他の大手コンビニに先駆け、1995年にプライベートブランド第1号のアイスクリームを販売。店内調理のお弁当やホットスナックを提供する “ホットシェフ”の前身となる“ホットフード”のサービスを開始した。現在、年間売り上げは“ホットシェフ”だけで、道内のマクドナルドを抜くという。

 他にも100円惣菜やワンコインワイン、ベーカリーなど、北海道の豊かな生産力を背景に、プライベートブランド商品を展開。それらは道民にとってなくてはならないものとなっており、道外の観光客に“ご当地グルメ”として取り上げられることもしばしばだ。

 国内のコンビニで初の本格的なポイントサービスの導入したのもセイコーマートだが、飽和状態にある国内のコンビニ業界を見据えたそのビジネスモデルは、テレビや経済メディアなどでも取り上げられている。

◆「ゆでとうきび」はセイコーマートの強みが凝縮されている

 グループ企業は26社にものぼり、小売のみならず、卸・物流、製造、農業生産法人が統合的に運営され、新鮮な生鮮食品を道内人口のほぼ100%に提供する独自の物流網を構築してきた。そのため、他社のコンビニエンスストアやスーパーが進出できない過疎地域にも、セイコーマートだけは店舗を構えている。

 そうしたローカライズされた強みを持つ地域密着型コンビニ「セコマ」の魅力が詰まった、象徴とも呼べる商品のひとつが、毎年7月〜9月中旬まで季節限定で販売されていた“ゆでとうきび”だろう。

 北海道の名産品とうもろこしの鮮度は、もがれた瞬間から落ちていく。セイコーマートでは収穫した生のとうもろこしを低温輸送。各店舗に運ばれたとうもろこしはすぐに塩ゆでされ、店頭に並ぶ。原材料はとうもろこしと食塩のみだが、ギッシリと実が詰まったこの一本。その引き締まった粒を噛み締めると、プチプチシャキシャキとした食感とともに、柔らかな甘みが口に広がる逸品だ。199円という価格も相まって、手軽に旬の茹でたてのとうもろこしを食べられると、地元住民にすっかり定着している。

 生産と物流が密に連携し合ったセイコーマートだからこそ、ゆでとうきびは商品として置くことができるのだ。

◆激化するコンビニ戦争

 また、オーナーの高齢化でコンビニの店舗が閉鎖する例は、各地で見られるが、セイコーマートは現在7割以上が直営店だという。都市部に先んじて本格的な高齢化に直面しながら、地場の物産で同業他社と互角に渡り合うセイコーマート。2013年からは他社スーパーやドラッグストアへのプライベートブランド商品の供給を開始し、さらなる拡大を狙っている。

 とはいえ、ここ数年コンビニ業界は再編が続いている。サークルKサンクスとファミリーマートの合併に加え、今年になってセブンイレブンが高知県に初出店を果たした。長年、メディアから定期的に取り上げられるコンビニ戦争。セイコーマートは次にどのような一手を打つのか。今後の動向に注目したい。

去年だったか 支払済みのモノが2重請求できてた

去年だったか 支払済みのモノが2重請求できてた

やっぱり何か問題があったんですね。以前依頼して支払いが完了していたのに、「払われていない」と、一年後くらいに請求書がまた来ていたことがありました。

社内での処理に問題があったんでしょう。

支払った履歴を提出してすぐに収まりましたが、請求などの支払いに関しては、キチッとしてもらいたいものです。

電通がネット広告で不適切業務 4年間で633件、2億3千万円 故意の虚偽報告も

産経新聞 9月23日(金)17時7分配信

電通は23日、インターネット広告の掲載に関して、複数の不適切な業務が行われていたことが判明したと発表した。故意または人為的なミスによる未掲出や運用実績の虚偽報告などで、実態とは異なる請求書の作成、過剰請求も確認したという。不適切業務は約4年間で案件数633件、広告主が111社、金額が約2億3000万円に上る可能性があるとしている。

 電通ではこの事実関係がわかった8月中旬に社内調査チームを作り、調査を続けた。2012年11月以降のデジタル広告サービス全般について、22日までの調査を行った。不適切業務は(1)広告掲載期間のずれ(2)未掲出(3)運用実績の虚偽報告−−が中心。未掲出は633件中14件あったという。

 電通では原因究明と対策、再発防止策を講じたうえで、「信頼の回復に向けて着実に実行していく」などとし、「深くお詫び申し上げます」と謝罪している。
スポンサー
進風 札幌